お葬式の流れを確認しよう

身近な人や家族が亡くなるというのは、突然起こりうることです。交通事故や突然の不幸があることも考えられます。一方で高齢化社会なので長く病気を患った末に、病院や施設で家族が亡くなるということもあるでしょう。突然の事態が起こっても慌てないよう、お葬式の段取りを確認しておきましょう。まず死亡を法的に確認する書類が必要です。これを死亡診断書といい、医者から受け取ります。交通事故や、病院以外で死亡した際は、死亡診断書に代わる死体検案書が発行されます。死亡診断書は、お葬式の手続きで一番最初に必要な書類なので、無くさないようにします。家で家族が亡くなった場合も、死亡診断書が必要です。

次に、市役所で書類の手続きを行います。ほとんどの場合は、葬儀社などに連絡すると思うので、葬儀社で代行してくれることが多いでしょう。死亡診断書とセットになっている死亡届を提出し、火葬許可証をもらいます。この火葬許可証が発行されないと、お葬式ができませんので、早めに提出します。同時に葬儀社に連絡して遺体を安置します。亡くなってから、24時間は火葬ができないため、この間にお寺への連絡、お通夜の準備、お葬式に関わる様々な準備と親戚への連絡などを行います。

翌日の夜に行われるのがお通夜です。故人と親しかった親族、友人が参列します。僧侶に読経をお願いしたり、焼香を行ったり、通夜振る舞いが用意されていることもあります。お酒を飲みながら故人について語ったり、明日のお葬式の準備をしたり、故人のことについて話す機会となります。お通夜は、地域によって葬儀場で行われたり、自宅で簡単に行われることもあります。親しい人が亡くなった場合、通夜振る舞いのお手伝いをしたり、お葬式の準備などを手伝うと喜ばれるかもしれません。明日のお葬式についても確認しておきましょう。

お通夜の翌日がお葬式です。僧侶の読経、焼香を行い、その後出棺となります。一般の参列者はここまで参加します。親族など故人と近い関係の人は、火葬場へ移動し、最後のお別れをして火葬となります。