お葬式の種類や流れを知って、事前に備えよう!

現在のお葬式の特長と様々なポイント

現在のお葬式の特長と様々なポイント 高齢者が増え続ける現在、日本は超高齢社会に突入しています。今までの大家族の概念が薄れ核家族化、高齢化した家族において、昔ながらのお葬式が負担となってくる人達も増えてきました。多様な価値観が生まれる中、宗教観念も徐々に薄れています。僧侶を呼んで読経してもらわなくてもよいと考える人がいたり、自分の家族だけで静かにお葬式を行いたいという人もいます。あらゆる要望に応えるため、葬儀社では色々な種類のお葬式のプランを用意するようになりました。

大都市に住んでいる人は地域との関係も強くなく、できるだけ簡易なお葬式を執り行うことが多くなってきています。家族葬やあまり時間を割かない一日葬などの需要も高まっています。一方、地方ではやはりきちんと僧侶に来てもらい、親戚の皆で集まってお葬式を行いたいという人もいます。家族葬のカタチでもきちんと告別式を行うという選択や、お通夜を行うという選択もあります。

事前に自分や家族の意向を確認し、早めに準備をする人も多くなっています。遺される家族への負担をなるべく減らしたいという目的から、終活に取り組む人もいます。自分の身の回りを見直し、本当に必要なものは何か考えることが大切です。正確な判断ができる間に、遺された家族が処分できない大きな家具や、不要なものを処理するという動きが広がっています。芸能人などが終活を行っているというニュースを見聞きしたことがある人もいるのではないでしょうか。

お葬式の流れは昔と変わらないものの、いくつか簡略化している所もあります。施設などで親族が亡くなった場合、初七日、四十九日といった節目の供養を執り行うことが難しく、初七日にまとめて四十九日の供養も行ったり、一周忌と新盆をまとめたりという動きがあります。生前にお葬式について語ることは昔タブーとされていましたが、現在は事前に情報を集めることができます。インターネットから調べたり、自分や家族が利用する予定の葬儀社に確認することもできます。インターネットで情報が公開されているサイトを見て、お客様の声やインタビューのページがあるならチェックしてみましょう。実際にお葬式を行った人の感想やお葬式の流れを知ることができます。よくある質問のページには、皆が疑問に思うことが簡潔に回答されています。習慣やマナーは、なかなか人には聞けないものです。サイトをよくチェックして事前の知識があると、いざという時に慌てなくてすみます。

お知らせ